マルキマスくんの競馬日誌

ナンカンサイコウ、チュウオウチョコット。

ストマックの1日に密着した番組のような妄文

※ストマックのことを知っている人には鉄板だろう!

 

 

ストマックの朝は早い

 

「現場に行く前に権利とラインをハッキリさせとかないと鉄板できないだろう!」

 

そう言いながら複数の新聞の調教欄を丹念に読み込む。

 

「最近は権利関係も複雑だからね、複数の強力な権利が発生している。それを完全に見抜くのがストマックだろう!」

 

午後3時、競馬のために現場から離れるストマック。

 

「私は競馬を理由に早退できるから、その代わり毎週社員に焼肉を食べさせる、これがストマックだろう!」

 

そう言って彼は大井競馬場に向かった。

 

「みなさん、3レース、1枠1番、鉄板だよ!」

 

ストマックは車の中でも鉄板を怠らない。

 

競馬場に着くなり早足でコースに向かうストマック、どうやら返し馬を確認しているらしい。

 

「的場が入念に返し馬をやってるよ、これはもう鉄板だろう!」

 

そう言って彼は調教が完璧な的場の馬の複勝を買った。結果は2着。

 

「私は1600mまで測定しているからな、最後突き抜けただろう!」

 

複勝は2着だと意味がないんだよ、1着じゃないといけないんだよ…」

 

そうブツブツ呟きながら複勝馬券を払い戻しに向かうストマック。彼の今日お目当てのレースは5レースの単勝1.5倍の馬だ、調教も完璧で他の馬とのタイム差も1秒以上ある。

 

それまで時間が空くため好調教馬を鉄板する。

 

「4レースの真島の馬は大外取ってきてるからな、鉄板だろう!返し馬見てあげるよ」

 

返し馬が入念に行われているのを確認し複勝馬券を購入するストマック。

 

「買ったよ!」

 

しかし結果は0.3秒差の5着。

 

「あれだけ大外ぶん回したら届かないだろう!」

 

大外だからだ。

 

そして勝負の5レースがやってきた。

 

朝複数の新聞の調教欄をチェックし完璧に調子が整っていることを確認した馬だ。単勝1.6倍の馬券を10万円分購入するストマック。

 

「私が単勝を買うときは7馬身以上突き抜けるんだよ!鉄板だろう!」

 

そしてついにファンファーレがなる。

 

ストマックの額に緊張の汗が流れる。あれだけTwitterで大言を放ってしまった以上ここは負けられない。大井の帝王ストマックの意地を見せつけなければならない。しかし競馬に絶対はない。

 

(出遅れだけはやめてくれよ…ハナ差で良いから勝ってくれ…)

 

そう言いたげな面持ちのストマック。

 

ストマックが単勝馬券を買うときは先行馬しか買わない。それは人気馬の単勝を確実に取るのに必須の条件だ。ストマックが買った馬は外枠先行、他には弱い逃げ馬が一頭いるだけだ。楽に外番手につけられるはず。調教も完璧だ、大出遅れさえなければ勝てる。後はスタートを…

 

「スタートしました!」

 

f:id:malkimus:20170811135103j:image

 

「7馬身差以上つけて勝っただろう!権利とラインを理解しないと南関は取れないんだよ!これが大井の帝王ストマックだろう!私が鉄板と言ったら必ず追ってくるんだよ!」

 

そう、ストマックの鉄板馬が勝ったのだ、それも4馬身差をつけて。

 

「マック!マック!マック!マック!」

 

Twitterのリプ欄にはマックコールの嵐。それも1分以内。これにはストマックもご満悦の様子。

 

「中野の馬がカモだったね。船橋の騎手には追う権利がないんだよ。」

 

次に人気していた中野の馬は調教欄で調子落ちを確認していた馬。

 

「まー、大井で勝ちたければ私についてくることだね。君たちでは勝てないよ、南関権利理論を理解していないと大井では勝てないんだよ。」

 

その後も連戦連勝。今日も20万もの大金を稼いだストマック。回収率は150%。

 

「権利とラインで全て取れるんだよ、これが力だよ!」

 

そう言いながら明日の競馬新聞を購入して帰るストマック。各紙の調教欄を丹念に確認し、それを権利とラインで味付けし、返し馬で最終確認をする。これを積み重ねてきた日々が今のストマックを形作っているのだ。

 

「特別に明日のレースを切ってあげよう!」

 

勝った日は得意げなストマック。

 

お風呂に入っていても鉄板してくれるストマック。強者は常に孤独であり、ストマックももちろんその1人。帰っても1人、咳をしても1人、そんなストマックの孤独を癒すのがTwitterである。ビールを開け、ヘネシーを開け、鉄板し、そして短い眠りにつく。

 

明日もストマックの朝は早い。

 

〜fin〜

アナログ派とデータ派の取扱い説明書

今日のチューオーケーバは本勝負1戦1勝。◎フローラルシトラス単勝1発でキメたのでキモチイ感じだった。新潟千直は内枠不利だって言われてるけどそれはテンがない人たちの話、テンさえあれば内外は関係ない。コースの内枠外枠有利みたいなことはコース特徴を踏まえた上で脚質と絡めて考えないとアホみたいな馬券買うことになるよ、ってマックの女子高生が言ってた、ホントだよ。

 

今日のブログはそれにちょっと繋がる話なんだけど、競馬の予想スタイルは大きく分けてアナログ派とデータ派の2種類があるということは古代ローマ共和制の時代から言われてる。アナログ派の人は展開とかヤリとかを軸にしてデータ派は枠やら脚質やらコースデータやらなんやらから今まで馬券率の高い馬を導き出すワケだけど、それには買い方もセットであることに今頃気づいた僕が取扱い説明書と称してメモも兼ねてこれから競馬を始めようとかいう初学者向けに簡単に書いていく。競馬何年やってんだよ、オレ。

 

まずアナログ派の人、これはとにかくレースを絞る、何レースもやる人は自信度で強弱をつける、これに尽きる。一つのレースになるべく時間を割いた方がいい。チューオーケーバなんて36レースあって枠順出るのが前日なワケだし自然と予想時間は限られてくる。それで何レースも予想してると適当になってハズレとアタリを繰り返して結局お金が減る(これは実体験から来ています)。そんな暇があればこの馬が来るという確信を持てるレースをもっとしっかり予想してそこにお金をつぎ込むべき。そうでないと何レースも買ったせいで回収率が控除率に近づいていわゆる回収率の壁に阻まれる。それから逃れるにはなるべく試行回数を減らさなくてはいけない。適当に予想してホイホイ買う人が1番多いだろうし勝ちたければそういう人たちからお金を奪わなければいけないわけで敵と同じことをしていては勝負に勝てないということ。これは覚えておいた方がいい、お兄さんとの約束だぞ。アナログはぶち込み1発主義、これを大事にしてほしい。ちなみに僕がこのタイプ。

 

次にデータ派、この人たちは自分が勝てると思う条件に当てはまるレースは全部参加してください、そしてこれが大事なんだけど賭ける額は条件ごとに一定もしくは複利狙いの買い方をしてください。あなたは自分の信じる回収率100%超えデータが今後もそこに収束すると信じて買っているはずで、それならその一つのデータに対して一つの額で買っていけば最終的には儲かるということになるよね。僕がデータ派の人のクレイジーな手法と思っていることは、この条件なら回収率300%だからここは勝負やーといいながら額を動かすというやつ。別にその一回の期待値が300%なわけじゃなく現在の試行回数を踏まえての期待値が300%だということは分かってるよね?と思ってしまう。そういう人たちからお金を奪わなきゃいけないわけ。複勝率で考える人たちはまあそれに見合う額突っ込めばいいと思うけどちゃんと配当と収支のバランスを見れなくなるのが難点。回収率を重視してデータ出してその1つのデータにそって均等買いすることがデータ派が勝ち抜ける手段だと思うよ、間違っても額の上げ下げはやっちゃダメ。

 

まあこんな感じ。読みにくいかもしれないけど大事なことなので自戒を込めてメモしました。競馬をやる以上は勝ちたい人が大半だと思うのでそこらへんきっちりやっていきましょう!

レパードステークス

久々に予想書きます。

 

エピカリス

○タガノディグオ

△ローズプリンスダム、イブキ、タガノカトレア、トラネコ

 

◎-○-△ 3連複2頭軸流し計4点

 

エピカリス。強い、以上。エピカリスの強さはいろんなとこで語られてるのでそっち読んでください。問題は海外帰りがどうか、というただ一点のみ、追い切り見た感じは順調、八分くらいの力があれば勝てるでしょう、そういったところからスタートする予想。エピカリスが先行勢全部お掃除してエピカリス→差し→差しで決まる想定。エピカリスが宝塚のキタサンみたいに行き足もつかないような状態なら先行ホイホイレースになるのでそう思う人はテンザワールドとかから先行→先行→差しor先行で買ってください。

○タガノディグオはJDD見てもらったら分かる通りなかなか器用で強いお馬さん。ゲートが課題も大外引いたのでモーマンタイ、インの捌きが気になった前走でも問題なし、内に入れるなり外回すなり好きにしてください、内なら2着、外なら3着。

△は残りの差しの席、新潟千八は外枠有利と言われているがそれは外の先行が内見ながら展開握れることと平坦コースで捲りが効くところが大きい、だから差し狙うなら内ロスなく回れる方がいいよねってマックの女子高生が言ってた、ホントだよ。ということで内枠の差し馬。ローズプリンスダムは前走流れに乗っかるしかなくてスローからのロンスパで最後に足無くしちゃった馬、今回は中段インで溜めてどうよ。イブキは初ダート、切れる足ないのは逆にいいかもしれんね、これもインの中段ロスなく回って先行がお掃除された時にポッと抜け出せそう。カトレアもトラネコも全部文脈は同じ。なんか一頭足りたらそれで。

差しの席でハルクンノテソーロは切り、外枠なこと、初コースということ、それと1,2,3人気で決まるなんて嫌だ、という願望が少し。

 

f:id:malkimus:20170805221417j:image

とりあえずエピカリスの雄姿が見れればそれでイイっす。

王冠賞回顧ースーパーステションの衝撃、それに伴う限定条件という考え方の導入

f:id:malkimus:20170727223706j:image

王冠賞が終わった。スーパーステション?誰それ?これが第1の感想。そこまでの僕の思考過程をちょこっと。

 

ベンテンコゾウに3冠取らせないためのホッカイドウ競馬包囲網

自然とハイな流れに

タフ馬場で先行勢サヨナラ

スタミナマン、◎ストーンリバー登場

 

実際ベンテンコゾウの不調も手伝ってこういう流れになった、なんなら1角でわりとニヤニヤしてた、のに、

 

な  ぜ  た  れ  な  い  う  ま  が  い  る  ?

 

それが僕とスーパーステションの出会いでした。全然気にしてなかった女子が実はすごいバンド好きでしかも私服メッチャオシャレってこと高校時代にあったじゃないですか、それでした、顔は中の上くらい。え?個人的過ぎる?とまあそんな感じの馬スーパーステション。ちょっと訳分かんなかったのでツイッターやらサファリやらで検索かけつつレース動画見てお勉強したところ、どうやらこの子もある特定の状況で強さを発揮するタイプのよう。それは①番手で②締まったペースというこの2つ。いやあやられた。そんな馬がいたとは。

 

馬には距離適性なり馬場適性なりがある、というのはご周知の通り、これを使って僕らは馬券になりそうな馬を探すワケですが、スーパーステションのような一歩踏み込んだ条件について僕はまだ全然理解していないんだなあと思わされました、競馬って奥深いなあ。そしてちゃんと一頭一頭馬を見ていかないと分からないことでもあり、常々その辺の不足は感じてたけど今日はホントに身に染みた。ということで某マンガよろしく、限定条件と呼んでみることにした。そういうのをしっかりメモっていければもう少し競馬のことが分かるかも知れない。競馬何年やってんだって話だけどまだまだ足りないなあ。

f:id:malkimus:20170727223909j:image

そういうことに気付かされた王冠賞でした。ありがとうスーパーステション。これで馬券もっと取れるようになったら一緒にメシいこうな。

マサシゲウィルウィン、砂の舞う馬場

f:id:malkimus:20170712235225j:image

マサシゲ、ウィルウィン。

4角を綺麗に捌けたとき、もしかして、と思った。そこからはもう心臓ドクドクしっぱなしだった。ゴールした後は泣いた。ありがとうございました。予想は◎サンライズソア、○ヒガシウィルウィンだったけど気持ちは◎ヒガシウィルウィンだったよ。

 

ヒガシウィルウィンはこれといって特徴がない感じだけど、逆に言えば弱点も少なく、器用な馬、良い馬だなあ、そりゃ勝つよね。サンライズソアは思ってたよりも1列後ろでその位置じゃキツイだろうと思ってたけどね、良く頑張りました、もっと強くなりそうね。3着はタガノディグオ、内をディグってやってきた、ディグれんのかいお前。そして▲リゾネーターが4、何回見ても4、スマホを地面に投げつけても4、泣いた。まあディグオがディグったぶんとコワタクが早仕掛けしたぶんかな。え、馬券ですか、そういう話はイイじゃないですか。一つ言うなら重賞でなぜか3連買ってしまう癖どうにかしたい。

 

昨日の夜からなんかテンションが上がってきて今日はわりと沢山馬券を買った。モンベルもちょこちょこ買ったしちょこちょこ取れた、堅いとこなんだけどもね。しっかし門別最終の井上はもうちょっとどうにか出来なかったものか、単7.2倍取れたからイイんだけど。大井はエエカゲンニセイジとツオイガナのおかげでそこそこ稼げた、どっちもそういう感じの名前で笑った。園田も少し買ってたけどそっちはダメダメ、あんまし馬場が掴めないまま終わった、泣いた。

 

大井競馬場がなんか変。3日間連続で同じような馬場を出してくるようなそんな競馬場じゃなかったはずなんだけどな。馬場は高速、ただ昨日よりも砂が舞ってた気はする。あれだけ砂が舞うと後ろの列の人たちは走りにくそう。今日は昨日一昨日ほど逃げバテの人たちは多くなくてラップもそんな感じだったというのももちろんあるんだけど、砂のせいで追走組が後ろからプレッシャー掛けにくいとかもあるのかもしれんね、そういうことを考えたりした。そんな気持ちで買ってたから今日買ったのは、①前々で競馬出来て②持ち時計が上位、ここを気にした。時計で選ぶぶんオッズも辛くなるはずなんだけど重賞日だからか5倍前後はついてくれたからラッキーだった。明日も雨はそんなに降らなそうだしこういう感覚で買おうかな、まあ雨降らなくても急に馬場が変わる競馬場だけに油断は出来ないけど。マサシゲがGⅠジョッキー効果でオッズ拾ってくれないかなーなんて期待しながらまた明日からも頑張りましょう。

 

f:id:malkimus:20170713002111j:image

p.s. マサシゲ、Twitterでこんなクソコラ作ってゴメンね…

JDD(ジャパンダートダービー)

f:id:malkimus:20170712014413j:image

七夕賞は◎ファルメッツァ5着、〇ゼーヴィント1着、▲スズカデヴィアス4着、わりと予想していた流れだったがそこに挟まるか、というお馬が2頭。とくにマイネルフロストには痺れた、ああいうペースついて行けるんだね、ソールインパクトも謎だがマイネルフロストの方が謎、競馬は難しい。

11着マルターズアポジー(武士沢騎手)

「見ての通り、あれだけ競られたら厳しい。これも競馬だから仕方がない。」

なんとなく読めてたけどホントにやるのねシルクレーシング脚部不安明けのフェイマスハンドでやるか、まあ脚質的にこっちか…まあそういうのまで含めて競馬、ご当地ヤリ、メモリアルヤリ、人間次第で結果がいくらでも変わるんだからそこら辺までしっかり読み解かないとプラスを出すのは難しいな。とか思いながら土日はプラマイゼロで終了。

 

明けて今週は大井競馬、馬場は高速。1日目2日目とはやあいはやあい。前に行けて平均ペースまでに落とせれば残る、でもみんな飛ばしすぎ、買いにくいレースが続く開催で全然馬券が買えない、買ったらハズす、このサイクル。地味にマイナスになっていて僕は悲しいよ、とだいたいそんな感じでいよいよJDDです。

 

f:id:malkimus:20170712014446j:image

サンライズソア

〇ヒガシウィルウィン

▲リゾネーター

☆ローズプリンスダム

サンライズノヴァ

 

参考買い目

うーむ。ムズイ。サンプク5頭箱とか?それでプラスになるのであればそれが1番かな。

 

◎はサンライズソア。なかなか器用なタイプ。ある程度ペースが上がっても最後のちょい足も残してるタイプ。大井競馬場にも対応できそうなタイプ。枠的にも前々で運べそうなタイプ。無難に3着までに来そうなタイプ。わりと頭もありそうなタイプ。高校の時に前髪縮毛矯正してたタイプ。イケメンじゃないけどサラッとした服着ててちょっと長身でメガネが似合うタイプ。エッチのときは正常位メインなタイプ。などのタイプ的理由で◎。1番安定感ありそうなので◎。

〇はヒガシウィルウィン。二千経験してる強みもあれば大井のコースに慣れている強みもある。前々で運べるのも良いしJ馬もそこまで強すぎるのもいないしなんとかなるんじゃないですか。サウスですけど母系でなんとか足りるようになってませんか。足りて欲しくないですか。鞍上マサシゲに関してですが、僕がフォローしてる方が「船橋のジョッキーの中で消去法でいくとマサシゲしか残らない」って言ってた、一気に腑に落ちた。ハードな騎乗はしない男だし無理矢理勝ち負けに持っていけるタイプかと言われるとそうじゃない人だけど馬の力はあるし良いんじゃないでしょうか、これからもヒガシウィルウィンにはながーく走ってもらいたいしね。単純に力的に足りるとは思うけども、脳内補正が掛かってる可能性も加味して〇。

▲はリゾネーター。鞍上次第。ロンスパに持っていくことができれば頭。鞍上の人がそんな感じなのかはよく分からない。あんまり良い噂は聞かないけど勝ちに貪欲なのは馬券を買う身としてはまあ悪かない。その辺はよくわらからない、馬的にはいわゆる単穴ってやつかなと。

あとはまあ足りそうなお馬さんたちも少ない。リゾネーターとかと一緒に突っ込みそうなローズプリンスダムに☆打ったけども正直自信はない。△ノヴァは適正なさそうだけど地力でなんとかするかもしれない。まあキャプテンキングとかよりはそっちの方を上げたい、エピカリスの亡霊がうようよしてるけどもう3歳だし変わってるもんだと思いたい。まあ基本線は上三頭でどうにか組む形でやっていきたいかな。ヒガシウィルウィンがJ馬を倒してマサシゲがG1ジョッキーになることを楽しみにしながら観戦します。

 

とりあえず馬券買いづらいから諦めてラップとか持ち時計の見方のオベンキョをしてる。競馬何年やってんだってくらいそういうのが読めないので地力を測るのが苦手です。誰か教えてください、博多でモツ鍋奢りますので。

f:id:malkimus:20170712013829p:image

譲るなよ、マサシゲ。

七夕賞

f:id:malkimus:20170709011639p:image

この短冊見て泣いた、やはり南関が最高。ちなみに前回のブログ予想は◎4着でした、泣いた。今日のチューオーケーバは2戦1勝。中京10レースは◎テンザワールドで◎が1着に来たのに撃沈、○マイネルビクトリー2までに届くとしか思ってなかった、極の予期せぬ逃げのぶん隊列が一つズレたのもあるかな。まあなかなかのポジゲー馬場だし一番いいとこを取りに行く姿勢に惚れたから許す。五稜郭ステークスは◎ブラックバゴ○ケンホファヴァルトで◎単勝◎→○馬単2点で全的中、びっくりするくらい(まあ7頭立てなんだけど)展開が綺麗にハマったので気持ち良かった、配当もそこそこついたし土曜日はプラスで終了。2レースしか買わなかったんだけどやっぱり色んなレースに手を出すもんじゃないね、色々食べていいのはバイキングと女の子だけ、この発言スゴくモテそうでカッコいい。中京最終買いたかったけど武がまたお武しそうだと思って辞めた、やっぱりお武だった。最近ずっと調子悪そうで心配してる、鞍上が和田だったら即買ってたレベルの馬だけに武豊ファンとしては少し悲しい。まあ人間だから色々ある、しょうがない。武豊さん、復活待ってます。コーチケーバはほぼプラマイゼロ、お金を入れては出すという不毛な行為を4時間ほどやっていたことになる、この不毛な時間で地球の反対側に住む恵まれない子供達のために何ができただろう。ひとえに買い方が悪い、明日はもう少し絞ってやるつもり。

 

ということで今日の振り返りはおしまい、2度目のブログ予想は七夕賞、結構真面目に考えたけどどうなることやら、まあ丸乗りされるほど有名でもないし気楽に書いていきます。

 

構図としてはマルターズアポジーvsシルクレーシング怒涛の3頭出し、彼らの本線はゼーヴィントだろうし、マルターズアポジーゼーヴィントが勝つようなレースを作っていくと思う。逃げ馬を潰すにはハードに競りかけていかないといけないだろうし、そこらへんは小倉大賞典でハイペース逃げ粘りを見せたアポジーさんなら耐えられると考えて強気に出ていくだろう。ということである程度ハイペースになると踏んで考えていくと、今開催は開幕週で時計が速いこともあり地力勝負の面が強くなっていくので持ち時計とハイペースへの対応力を気にしながら見ていきたい。

 

◎フェルメッツァ

ゼーヴィント

▲スズカデヴィアス

△パドルウィール、バーディーイーグ、おまけマルターズアポジー武士沢

 参考買い目

◎-○▲ 馬連2点 5×2

◎-○▲△ 3連複1頭軸流し10点 1×10

 

◎はフェルメッツァ。1800は2位、2000は4位の持ちタイムがあることと前走でハイペースの中かなりしぶとい走りを見せていたこと、内枠でそこまでロスなく回れそうなことが選定理由。マルターズアポジーがハイペース逃げ粘りを見せていたのは時計がかかる馬場だったので時計の速い今開催ではアポジーが作るペースで中段あたりの差しに向きそうだしここら辺の狙いがちょうどいいと思う。

○はゼーヴィント。まあ基本的にゼーヴィントに勝たせるためのレースメイクにしたいだろうし正直この馬がGⅡ走れるのは反則っぽい。なら◎にしろって話だけど持ちタイム的にちょっと頼りない、気持ちが乗らない、名前がカッコよくない、1人気を◎にするのはカッコよくない、男は常にカッコつけとかなきゃいけない、などの理由で○、頭もあると思う。

▲はスズカデヴィアス。だいたいフェルメッツァと同じ。1800で持ちタイム1位、ハイペースイケそう、ただノリちゃんが乗ってると宗教上の理由があって◎を打てないので▲、頭もあると思うけどノリちゃん次第なところがある。

あとはそういうペースでなだれ込めそうな人たち。前走馬券になってくれたマイネルフロストはスローの時に買える馬だと思ってるので切り、決して丹内から柴田になったからじゃあない。ヴォージュは前の人たちと一緒にサヨナラしそう。アポジー悩んだけどギリギリ残すことがないような、あるような気もするので一応△。

 

f:id:malkimus:20170709012820j:image

 というような予想でした。気持ち的にはマルターズアポジー武士沢に勝って欲しい、文字列が1番カッコいい、無敗の三冠馬レベルだからずっと名前負けしてる、大阪杯のときはまるたあずあぽじいぶしざわって感じだった。競馬に求めるロマンは追い込み派と大逃げ派で分かれると思うんだけど僕は大逃げ派、1番好きな馬はベタだけどサイレンススズカ。ロマンと馬券は別だからマルターズアポジーに◎は打たなかったんだけどこれで勝ってくれるとそれはそれで嬉しいから馬券外しても喜ぶと思う、そういう二つの楽しみ方が出来るから競馬はやっぱ面白いね。織姫さま、彦星さま、せめてロマンか馬券どっちかは欲しいのでその辺りどうか前向きにご検討頂ければと…