マルキマスくんの競馬日誌

ナンカンサイコウ、チュウオウチョコット。

キュンとするまち。藤沢杯

メインレース予想カッコいい、その一心でメインレース予想。

 

f:id:malkimus:20170707142906j:image 

◎ドリームエルダー

前に行く方々

○コスモパープル

アドミラルティ、ペプチドアポロ

後ろから来る方々

▲ファビン、セイントチャンス

 

なんか変な形式ですね。

ドリームエルダーは今回左海乗り替わりで内の方の枠、前が忙しいならイン5、前がゆっくりならイン3あたりは取れそう。前走も結構直線そこまで追えてない割には残ったし鞍上が変わればもう少し追えるのでは。アドミラルティにコスモパープルもいるのでわりかし縦長になればドリームエルダーの席が出来そう、イン差しが上手いのも魅力的。ファビンとアドミラルティが同厩だからファビンはいったん下げそうだし隙間が出来たところにスポっと入れれば。

コスモパープルは前に行く方々の中ではハイペースで残せてる方だし、アドミラルティとペプチドアポロがスローでしか残せていないのもあってペース的に1番向きそう。そういうことで他2頭を下げた。

あとは後ろの方々がどのくらいまで届くか。鞍上も魅力的な方々が多いだけにある程度までは届いて欲しい。ワンチャンヴォルスングも考えたけど距離感的に流石に届かなそう。

 

ファビンがイン5取ってたら諦めます。スローで流れても諦めます。頭までは考えづらいので複系で前系と後ろ系を上手いとこ絡めつつ買いたい、そんな買わないけど。

 

参考買い目◎-○,▲3連複1頭軸流し10点

 

こういうのやりたかった。

 

メインレースを考えるのは楽しい、けどがっつり買うのは怖い。能力差やヤリがそこまで効かないだけに展開ひとつが命取りになりそう。ハマればいいけどハマらなければ即死。考えるだけならタダだしね。

 

気が向いた日はやろうと思います。参考の一粒として気になればヒモとかにどうぞ。

 

 

余談

予想とか書くと本格的に文章がかの有名な某佐藤さんに寄ってしまう現象を体感したこと、皆さんもあると思います。文章に力がある人だからね…しょうがないよね…面白いしね…

川崎の重い後半3ハロンと、距離替えの意義と、ときどきスパーキングレディカップ回顧

f:id:malkimus:20170707111113g:image

昼休みの後のやけに眠い時間帯、中学の社会の時間に先生がこう言ってたことをなんとなく覚えている。

 

「いいかいみんな、カワサキケイバジョの3,4コーナーは南関で最も角度がきついコーナーだから3角前からコーナーで加速するタイプの人生設計しっかりしてそうな馬は外に膨れて観客席に突っ込んでいくんだ。だから君達ががもし、もしカワサキケイバジョで走る時があればとにかくインで前付けしてなるべくコーナーでいったん緩めるか、前付け出来ないなら腹をくくって溜めに溜めて直線で全てをブチまけなさい。」

 

女の子のこととか部活のことしか頭になかったあの頃にはそんなことがまさか今になって役に立つなんて思ってもみなかった、馬券はなかなか取れないけどレースを見てるとなんとなく雰囲気としては確かに伝わる。

 

今川崎開催の前半2日は良馬場で高速気味、2日目はインチート出現でさらに偏った馬場でアリゲイターにアリガーターしてたりしたんだけどやっぱり競馬は甘くない、2日目の終わり頃から雨、インアウトは馬場の特性ぶんインが良いくらいで、直線、3,4コーナー激重馬場(まあ前回とかも割と近い感覚のときはあった)へ豹変。買いたい馬、ハイペースだと追い込み、スローなら逃げ、みたいな気持ちで買ってた、大概ペース予測か位置取り違いで外した。結局見てると直線が重いからスタート後すぐに無理すると死ぬし、向正面である程度飛ばしてある程度離してないと死ぬし、コーナーで急いでも死ぬという理解をした。上に挙げたカワサキケイバジョの特性がさらに強くなる感じ。要するにヤル気がある馬(ヤリのときはある程度前付けタイプ)が暴れまくる馬場、昨日でいうクラセイジョ。

 

そういう見方しか出来ないと買える馬券にも限りが出まくる(適当にいけそうなのを買っては外した)のでこういうコーナー〜直線にかけて激重のときに使えそうな案件を考えながら見てて、結構距離短縮が使えるんじゃないかと閃いた、遅すぎるという意見には目をつぶってください、なぜなら競馬始めて5ヶ月の素人に産毛が生えた程度の知識しかもってないから、もっと率直に言ってアホだから。そんで距離短縮をお勉強、メリット:走りきるスタミナがつく、デメリット:出足が悪くなる可能性がある、脚を余す可能性がある、e,t,c…ようやく距離替えの意義を頭に叩き込めた気がする、競馬何年やってんだよ。

 

長々前書きがあって自分なりのこういう馬場の時の仮説。コーナー〜直線が重いんだとすると基本的には距離延長⤵︎(飛ばして終いが甘くなる)距離短縮⤴︎(後半を走りきるスタミナ)みたいな感覚が良い。4角からヨーイドンになりそうなお馬の上げ下げに使える。良い例は最終のフロイデシューネルとビッグスター、フロイデは延長で⤵︎、ビッグは短縮ではないんだけれども延長3走目で前走みると粘り切るスタミナがついた頃合いだった。それが外2からでも勝てた理由かなと。あとクロスオーバーもあそこまで粘れたのは倉兼のナイスー騎乗が大半だと思うけれど100mの短縮も一因としてあったんじゃないかなと。

ただ延長も使える時があって、向正面での位置取りを前にすることが出来るという効能はしっかり頭に入れておきたい。あくまで短縮は位置取れる馬(主に逃げ)の能力をプラスに持ってくという感覚で捉えたい。あと距離替えの刺激が効きやすい効きづらいというのもあるらしいのでその辺は馬柱とかレース動画とか見つつ判断したい。

 

そしてその辺を踏まえた上で軽くスパアキングレディイカップの回顧。断然人気のホワイトフーガさんだったけれども、人気の理由を考えるとやっぱりモーニンとベストウォーリアを抑えた前走が効いてたと思う、あれは確かに痺れた、3角でキノコ取ったような加速してたもんね。しかしそういう3角あたりから加速タイプのお馬だとする(僕はそう思ってるんですが全然違うかもしれない、しょうがないアホだから)と、昨日の馬場とはかなり相性が悪い、なぜなら加速したいとこらへんからが激重なんだもの。実際ララベルとタイニーはしっかり前付けしてたしノリちゃんはインに入れて4角まで焦らして激スパートしてた、今度は直線前にキノコ落ちてた、というわけではなくララベルとタイニーが垂れたぶん見た目としては凄まじい加速に見えたんだと思う。その点ホワイトフーガはスタート後に位置取れなかったぶん今回も3角前から捲る競馬になった(エビちゃんもイケると思ったんだと思う)故の4で確かに強い馬ではあるとは思った。あと先ほどの距離延長の件も加わってて直線で持たなくなったんじゃないかな。馬場>馬の強さっていう考えは上位ほどホントに大事にしていきたい。

 

これだけ言うこと言っといてアレだけど僕はアホだからタマノブリュネット+32kgを見て「こりゃドオピングじゃあ」とか言いながら1着に付けたしタイニーとララベルで迷ってタイニーをララベルの上に付けたしホワイトフーガの1.5倍を見てビビって2着に付けたしアンジュは「人気のノリちゃんは切りだから〜」とか言って切ってた。そこは教義的に云々みたいなことをツイートしたんだけどよく考えると断然人気がいるときのノリちゃんは気合が違う、宝塚のゴールドアクターを見たのにこのザマ、全てが裏目に出た。3→2→4のサンタン一点百円しか買ってなかったのが救い。気持ち的には3→2→4→10だったしホントに教義とかじゃなくもう少し考えた馬券を買いたい、むしろ馬券を買わなければいいかもしれない。

f:id:malkimus:20170707110947j:image

 

ということで川崎の馬場と距離替えの使い方のメモのためにしたためた記事だったが見返して見にくいニャンって言いそうだし冗長。まあセンスのないユーモアでもないよりはマシだと思っているイタイ人間なのでしょうがない。ユーモアも馬券も向上心が大事、恒常的に口上にしないと攻城出来ずに工場に行っちまうぜ、ウェイヨー。とりあえずミッドウェイファームで坂路調教してもらいたい、お疲れ様でした。

スターホースが負けた日ー宝塚記念2017回顧ー

初めてGⅠの馬券を買ったのが大阪杯、アンビシャスが軸の3連複フォーメーション。初めてのエクセル博多、初めての生馬券、そこで圧倒的な強さを見せたのがキタサンブラックだった。残り1Fで先頭に立ったときにもうこの馬はこの先負けることはないんじゃないかと感じさせるような強さを見せてくれた。南関競馬がメインでいつもJRAにお賽銭をするような収支状況の僕が未だにちびちびJRAの馬券を買っているのも、そんな瞬間を他の馬にも感じたいからかもしれない。

 

天皇賞春の怒涛のハイラップ先行劇はレコードタイムという最高の形で幕を引き(サトノダイヤモンドが3着に来たので馬券は外れた)、その後も追い切りで坂路3本をこなしたサイボーグホースが、まさか11頭立ての競馬で9着なんていう結末になろうとは思ってもみなかった、そんな宝塚記念。僕の初めてのスターホースであるキタサンブラックがそんな大敗を喫した後、30分くらい何もする気が起きず、函館最終でハヤブサナンデダロがハナを切れなかったのなんでだろうとかもそれほど気にならず、その後「キタサンブラック 敗因」でTwitterやらSafariやらで検索かけまくるも納得のいく答えが見出せず、高知ファイナルへの情熱も忘れ、モヤモヤしたまま過ごしていた。

 

それでまあTwitterの相互フォローの方などに話を聞いているうちにようやく敗因が掴めたので、僕の初めてのスターホースが消えた記念に敗因分析をしたためようと思いこの記事を書くことにした。個人的に納得のいくものにはなった。Twitterスゴイ。

 

前置きが長々と続きましたが、ここからキタサンブラックの敗因分析を。

 

キタサンブラックの敗因は次の2つ。どちらかが欠けていればキタサンブラックは頭でゴール線を突っ切っていただろう。

 

①先行ポジションを確保出来なかった

 

アメブロ「悠さんの競馬予想」より抜粋

キタサンブラックの1強ムードですね
まず、逃げか二列目っていうのが前提になているためこれを崩さないと馬券外はあり得ないだろう
そもそもこの馬がここまでのし上がれたのは正確にラップを刻める騎手がいてもちろん能力がなければできない芸当だが後続はペースがわからないから仕掛けが遅れてそこまでのアドバンテージで終了というパターン」

 

これをレース前に書けてるの本当に尊敬します。要はこれまでレースメイク出来るポジションにいたからこそ、あと何mあっても勝っただろうという圧勝劇を繰り広げられただけであって、じゃあポジション取れないとどうなるの、というのが今回の結果。後続に脚を使わせることが出来ず、4角からヨーイドン競馬になったことで全くといっていいほどこの馬の良さが出なかった。まあ内側の人たちも図ったかのように先行してて1コーナー時点でサトノクラウンに勝たせようとしてるのかこいつらと思ったくらいには読めない隊列だった。まあ有力馬が逃げでスルスル、みたいなレースほど謎の逃げ先行が出てくるのが世の常なんだけど、キタサンと同じペースで走って沈むくらいなら入着して賞金稼いだ方が良いんじゃないかという下衆の勘繰りがこの展開を考えられなかった要因かもしれない。まあこういう形になると弱いキタサンブラックちゃんだったけどそれがバレなかっただけ、という解釈がいいかと。

 

 

キタサンブラックの不調

 

でも結局今回はここに尽きるんじゃないかという気もしている。スタートした瞬間に思った、お前、本当にキタサンブラックか?明らかに知っているキタサンの行きっぷりと違った。あのペースならもう1列前に付けれるはずだった。こればっかりは事前情報からは何も読み取れなかった。「天皇賞春でレコードを出したから」これを不調の理由にすることは僕には出来なかった、だって坂路また3本やってるじゃん。ちょっと時計が悪いのも道悪の影響だと思っていた。パドック派ではないからパドックのことは分からない。それにしてもあそこまで行けないとは思わなかったんじゃないか?みんな想像してた?キタサンブラックの3列目、僕は無理でした。2列目もしくは逃げという思考でキタサンを考えると、少なくとも馬券外はありえない。飛ぶ予想をしてた人たちの何人がキタサンの3列目以下まで読めていたかが展開派の僕としては気になるところ。そして伸びない直線、流石に伸びなさすぎじゃないか、前に行って潰れた馬にも先着されてるぞ、どうしたキタサンブラック、というところを片付けるのにもやはりどこかで疲れが残っていた、もしくは精神面で弱っていたところがあったと考えるしかないと思っている。

 

 

まず②が起き、そして内側の人たちの頑張りによって①の状況を作り出せたことによって、キタサンブラックは1人気1.4倍9着という結果に終わったのだと考えた。まあ勝馬の話をちょっとするとサトノクラウンは上にも書いた通りキタサンを後ろから突っつけて角で捲れる理想的な展開がハマったことで1着。それよりもゴールドアクターの2着がたまらなく良い騎乗、スッとキタサンの後ろに入れる、この時点ではキタサンと一緒に行こうと考えてたと思う。で、キタサンがダメっぽいと思ったのかインが空いてたからなのか、スーッと内側に入ってからの4角すぎのワンテンポ遅らせた追い出しが絶妙にハマった、なんならゴールドアクター勝ったかと思った、ノリちゃんカッコいいよ、最高だ。ミッキークイーンはまあいいや。

 

長々と書きましたが、キタサンブラックは僕の中の初めてのスターホースでした。まあスターホースというからにはずっと勝ってもらいたかったし、負けても惜敗であって欲しかった。一度惨敗した馬をスターホースとしては見れないのでまたあらたなスターホース探しをすることにします。展開が向けば無敵だから面子と枠が丁度いいときには頭で買うしずっと応援しようとは思う。

 

こうしてモヤモヤを晴らした僕はギリギリ間に合った高知ファイナルでしっかり撃沈くらいました。明日からは大井競馬、馬場が心配ですがなんとか頑張っていきましょう。それでは。